キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼりのパーツと選び方 : のぼりアーカイブ

のぼりのパーツと選び方

のぼりの旗にも素材があり、設置場所やプリントによって選ぶこともできる

のぼりのパーツと選び方

のぼりは、一般的には布帛製の旗の部分と、竿とかポールと呼ばれている旗をささえる棒の部分、そしてそれを支える土台の部分からなっています。

大きさやサイズもさまざまあり、旗部分の布も、軽くて薄いポリエステル100パーセントのポンジ生地や、厚地で重みのあるテント生地と呼ばれるターポリンなど、使用箇所や目的によって、さまざまなものが選べます。

素材によってプリントの際のインクの浸透などに違いが出ます。

使用頻度や期間などで強度の高いものを選ぶこともできます。

のぼり旗を支えるポール部分は、一般的に逆L字型をしています。

旗のサイズや重量にあわせて選ぶのようになります。

設置しやすく収納に便利なタイプを選ぶなど、使い勝手を確認したいところです。

竿自体が筒のようになっていて、旗の上辺部分に通す短い部分が収納できるようになっているものなども人気があります。

のぼりの関連動画

市川・国分川鯉のぼり2012

2012年5月5日こどもの日千葉県市川市国分川に薫風を受けて舞う500流の鯉のぼ­りです。